ブルガリア政府観光局―世界遺産のリラ僧院

TOP  >>  ソフィア

ソフィア - (Sofia)

ブルガリア共和国の首都。ヴィトシャ山の麓、標高550mの高原に位置する都市。
北にはバルカン山脈など周囲を山に囲まれている。
紀元前7世紀に建設された町は、アドリア海と黒海を結ぶ交通の要所で交易で栄えた長い歴史を持つ。
第二次大戦後のソビエトに倣った社会主義体制から民主化を果たして以降、
今なお急速に変化を続けている町となっている。
聖ペトカ地下教会があるスヴェタ・ネデリャ広場周辺からアレクサンドル・ネフスキー教会に
延びるツァール・オスヴォボディテル通りに見どころが集まる。
また、中央駅から延びるマリア・ルイザ通り〜ヴィトシャ通り周辺にはカフェやブティックみやげ
物店などが並ぶ繁華街となっている。

 【空港】
ソフィア国際空港(SOF)
市街から約10km。交通手段は市バスかタクシー。
 【市内交通】
地下鉄はない。個人で移動するにはバスかタクシーとなる。

 【見どころ】
●聖ペトカ地下教会 St.Petka of the Seddlers Church
14世紀イスラム全盛の時代に建てられた質素な造りの教会。
丸いドームと尖塔が特徴的な堂々としたイスラム寺院、バーニャ・バシ・ジャーミアBanya Bashi Mosque とは対照的。
周囲の道路よりかなり低い位置に建てられており、半ば地下に埋まっているように見え、
大型ビルに囲まれたその光景は異様な感じすらする。窓もない外観だが、内部は装飾が施され美しい。
教会周囲には地下道が整備されみやげ物店やカフェが並ぶ。

●アレクサンドル・ネフスキー教会 Aleksandar Nevski Memorial Church
1882年に着工、40年かけて完成したバルカン半島最大の寺院。ソフィアのシンボル的存在となっている。
ネオ・ビザンチン様式の建築で高さ60mの金色のドームをはじめ12のドームが特徴的。
内部も豪華な装飾が施され、大理石のモザイク壁画や、巨大なシャンデリアなどが見事だ。
地下には国内各地から集めたイコンが展示される博物館となっている。

●聖ゲオルギ教会 St.George Church
4世紀ローマ帝国の時代に建てられたレンガ造りの教会。内部には10〜14世紀の宗教画が残されている。
現在、教会の周囲はビルに囲まれひっそりと建っている。

 (郊外)
●ボヤナ教会 Boyana Church
ソフィアの南西部、ヴィトシャ山Vitosha Mountains のふもとに建つ教会。堂内の壁面に飾られた美しいフレスコ画で知られる。
ガイドツアーにより内部見学が可能で、イエスと十二使徒を描いた傑作「最後の晩餐」などを見ることができる。
フレスコ画の写真などを展示する博物館が隣接している。 1259年制作のフレスコ画は世界遺産に登録される。

市内観光のほとんどが東方系のキリスト教会になる。
質素な作りで、漆喰の匂いをの漂う静かな堂内でイコンを鑑賞する。カトリック教会とは趣きが大きく異なる。

  ソフィアの写真 ソフィアの写真アルバムを見る

国際商取引、海外進出コンサルティング。マーケティング、インターナショナル センス、
ビジネス展開のアイディア サポート・ 海外出張時 通訳・ガイド・アドバイザー

Representative Office in Japan for foreign companies who seek presence on Japan market
Business si import export Japonia pentru Romania
吉祥寺、三鷹、杉並で英語で子供、幼児の安い一時預かり・託児所、遊び場, 遊びスペース
Discover Japan: we're on the Japan Side to help
you with any kind of business concerning Japan.
Business, Import, Export, Consulting

newlinknewlink

alt: ブルガリアのツアー