ブルガリア政府観光局―ヴェリコ・タルノヴォ

TOP  >>  ヴェリコ・タルノヴォ

ヴェリコ・タルノヴォ - (Veliko Tarnovo)

バルカン山脈の北側を蛇行して流れるヤントラ川沿いの丘陵に広がる町。
川の切り立った断崖に開かれた町の姿が立体的な美しさをみせる。
1187年から1393年にかけて第二次ブルガリア王国の首都が置かれていた。
オスマン・トルコにより占領された後に衰退したが、1878年の独立から再び政治の中心地
となり新生ブルガリア王国の最初の国会が開かれた。坂の多い町は、新市街と、
見どころが集まる旧市街、城塞などの遺跡が残る3つの丘の地域に分かれる。

 【見どころ】

●ツァレヴェツの丘 Museum Tsarevets
かつての王宮があった場所で、丘全体が城壁と門で守られた要塞のようになっている。
オスマン朝の攻撃により破壊されたが頂上にある大主教区教会は1981年以後に
再建されたもの。ブルガリア現代絵画の巨匠による壁画がある。
旧市街をながめるスポットとしてもおすすめ。

●旧市街
ブルガリアの母広場の東側、ヤントラ川沿いに広がる。
広場からツァレベツの丘へ続く道がメインストリート。サモヴォツカ・チャルシャ
Samovodska Charshiya は昔ながらの職人街で、狭い通りの両側には古くから
営業を続ける銅製品、陶器、木彫り、イコン、衣類などの店が並んでいる。
その店でも工房を持ち、職人が製品を作る過程を見ることができる。

 (郊外)
●アルバナシ村 Arbanassi Vilage
ヴェリコ・タルノヴォの北西約3kmにあり、第二次ブルガリア王国の王宮があったとされる村。
アルバナシで最も古い聖誕教会Nativity Church の内部には、「運命の車輪」や
「イエスの木」など美しいイコンや壁画が残されている。また、オスマン朝時代の旧家、
コンスタンツァリエフ・ハウスKonstantsaliev's House では当時の生活の様子を見ることができる。

ヴェリコ・タルノヴォは、バラの谷からルーマニアのブカレストヘ向かうルート上にある。
カザンラクから約100km、ルーマニア国境へも約100kmと中間地点になるので、
周遊の際にワンストップ入れるのにちようどよい。

  ヴェリコ・タルノヴォの写真 ヴェリコ・タルノヴォの写真アルバムを見る

国際商取引、海外進出コンサルティング。マーケティング、インターナショナル センス、
ビジネス展開のアイディア サポート・ 海外出張時 通訳・ガイド・アドバイザー

Representative Office in Japan for foreign companies who seek presence on Japan market
Business si import export Japonia pentru Romania
吉祥寺、三鷹、杉並で英語で子供、幼児の安い一時預かり・託児所、遊び場, 遊びスペース
Discover Japan: we're on the Japan Side to help
you with any kind of business concerning Japan.
Business, Import, Export, Consulting

newlinknewlink

alt: ブルガリアのツアー