ブルガリア政府観光局ブルガリアについて

TOP >> ブルガリアの文化遺産

★☆ ブルガリアの文化遺産 ☆★

ブルガリアには考古学的価値の高い数百の遺跡が保存され、その中で、マダラの騎士、カザンラクの墳墓、スヴェシュタリの墳墓の3つがユネスコの世界文化遺産に登録されています。

 マダラの騎士は高さの23メートルの岩に彫られた浮き彫りの像です。
大きさば2.60×3.10メートルで、シュメン地方のマダラ村の近くに位置しています。
この浮き彫りは、左手で手綱を握り右手に持つ矛で馬の足下の瀕死のライオンを刺す騎士の姿です。
馬の立ち姿は儀礼的で落ち着いた歩みを連想させるものです。後ろには大が立っています。騎士、大とライオンの象徴的な画像、そして姿勢や精密に描かれた服装は、中世前期の 国王の戦勝場面の代表的なものとされています。
最近の研究ではこれが第一次ブルガリア王国の国工の浮き彫り像だという説を有力です。

 カザンラクのトラキア人の墳墓は最も保存状態のいい壁画をもつ古代墳墓です。1944年の春に偶然発掘されたもので、紀足前4世紀末から紀元前3世紀初期に建設されたものだと考えられています。
建築様式や発掘物より、壁画の方は価値が高いものとされています。
墳墓の中で発見された美しい壁画は古代の生活や美術や儀式などの様子を物語っています。

 1982年に小さい丘から発見された墓地がブルガリアの西北部に位置しているスボリャノヴオ建築保護区の一部です。 紀元前3世紀に遡る古代の墳墓は1985年に世界文化遺産リストに登録されました。
全部で3室から構成されており、10休の女人像柱が中央の玄室の壁に浮き彫りの形で作られ、それにかぶさる丸天井には半円壁画の装飾が施されています。
こうした例はトラキア地方ではこれまでに他に見つかっていません。 壁の七都には被埋葬者の権力を象徴する雄牛の頭の模様が飾られています。

 トラキアエの谷では近年数多くの墳墓が発見され、全部で16にも及んでいます。
墳墓が建てられた時代は紀元前4-3世紀で、有名なトラキア人の墳墓を建てた民族とも関係があるとされています。
数年前の黄金の仮面の発見は、トラギアの王国やセウトポリスの町、トラキア人の歴史を語り続けています。

 カルジャリ市の周辺、ロドピ山脈の奥にトラキア人によって岩に掘られた集落が発見されました。
名前はペルペリコンで、世界的に知られるようになりました。 大きな宮殿などが発見されました。

 ペルペリコンの付近のタトウルという場所ば、オルフェウスの墓があるど言われており、近年有名になってきました。
ヴェリコ・タルノヴオの周辺にはニコポリス・アド・イストルムという非常に保存状態のいいローマ時代の町の遺跡が保存されています。

 黒海へ向かう途中で、再建された第一次ブルガリアエ国の古都−プリスカとプレスラフーに立ち寄り、中世ブルガリアエ国の伝統や規模を伝える、宮殿、教会、貴族の邸宅を見学してみません ヴェリコ・タルノヴオは第二次ブルガリアエ国の古都であり、旧市街やツァレヴェツの丘、トラペジツァの丘などが見所です。

 数多くの修道院や教会はブルガリアにはかかせません。
壁の七都には被埋葬者の権力を象徴する雄牛の頭の模様が飾られています。

 トラキアエの谷では近年数多くの墳墓が発見され、全部で16にも及んでいます。
墳墓が建てられた時代は紀元前4-3世紀で、有名なトラキア人の墳墓を建てた民族とも関係があるとされています。
数年前の黄金の仮面の発見は、トラギアの王国やセウトポリスの町、トラキア人の歴史を語り続けています。

 カルジャリ市の周辺、ロドピ山脈の奥にトラキア人によって岩に掘られた集落が発見されました。
名前はペルペリコンで、世界的に知られるようになりました。
大きな宮殿などが発見されました。

 ペルペリコンの付近のタトウルという場所ば、オルフェウスの墓があるど言われており、近年有名になってきました。

 ヴェリコ・タルノヴオの周辺にはニコポリス・アド・イストルムという非常に保存状態のいいローマ時代の町の遺跡が保存されています。

 黒海へ向かう途中で、再建された第一次ブルガリアエ国の古都−プリスカとプレスラフーに立ち寄り、中世ブルガリアエ国の伝統や規模を伝える、宮殿、教会、貴族の邸宅を見学してみません ヴェリコ・タルノヴオは第二次ブルガリアエ国の古都であり、旧市街やツァレヴェツの丘、トラペジツァの丘などが見所です。

 数多くの修道院や教会はブルガリアコ支配下時代に修道院はブルガリアの文化の中心地となり、現在も修道院には20,000冊の本が保管されています。
修道院はユネスコ世界文化遺産リストに登録されています。

 リラ修道院の次に大きい修道院は、バチュコヴオ修道院(プロヴディフ市の周辺)とトロヤン修道院(バルカン山脈の奥、トロヤンの周辺)です。
両方の修道院には奇跡を起こす力があるといわれている聖母のイコンが保管されています。

 メルニッ久市の近くにロジェン修道院があります。 ヴェリコ・タルノヴオの近くに巨匠コリョ・フィチェトと画家ザハリ・ゾグラフの傑作であるプレオブラジェンスキ修道院があります。

 ソフィア市の中心街、聖ソフィア教会のそばに無名兵士の慰霊確かあります。 1923年から建設開始の計画があったようですが、完成したのは1936年でした。
その後、アンドレイ・ニコロフ作のライオンの像が撤去されました。 常夜灯の前では祝日のセレモニーなどが行われます。

 1877-1878年の露土戦争を記念するため、1928年にストレトフ峰のモニュメントの建設が開始され、1930年に完成しました。
付近には独立25周年を記念して1902年に建てられたシプカ記念寺院などもあります。

 ソフィア中心街にあるレフスキ・モニュメントはブルガリア人にとって聖地であるといってもいいほど垂要なものです。
ここで1873年2月19日、偉大なブルガリア独立運動革命家ヴァシル・レフスキ(1837-1873)の処刑が行われました。

 ヴェリコ・タルノヴオの中心街にあるアセン王朝の像は、ビザンティン支配に対する蜂起800周年を記念して、クルム・ダミャノフ教授によって1985年に建設されました。

 シュメン近郊にあるブルガリア建国者のモニュメントはブルガリア建国1300周年を記念して1981年に建てられました。



★☆ 博物館、美術館、アンティークについてはこちら ☆★



★☆ ブルガリアの無形遺産についてはこちら ☆★

国際商取引、海外進出コンサルティング。マーケティング、インターナショナル センス、
ビジネス展開のアイディア サポート・ 海外出張時 通訳・ガイド・アドバイザー

Representative Office in Japan for foreign companies who seek presence on Japan market
ブルガリアでビジネス、輸入と輸出
吉祥寺、三鷹、杉並で英語で子供、幼児の安い一時預かり・託児所、遊び場, 遊びスペース
Discover Japan: we're on the Japan Side to help
you with any kind of business concerning Japan.
Business, Import, Export, Consulting

newlinknewlink 吉祥寺で子供の一時預かり Business si import export Japonia pentru Romania

alt: ブルガリアのツアー、ブルガリアのツアー