ブルガリア政府観光局―ピリン国立公園

TOP  >>  ピリン国立公園

ピリン国立公園 - (Pirin)


ピリン国立公園は、ギリシアとマケドニア国境に接するピリン山脈に広がるブルガリア最大の自然公園である。 ブルガリア南西部のピリン山脈の大部分を対象とした国立公園で、ストルマ川とメスタ川に挟まれています。
(面積は274 km2 で、標高1008 m から2914 mのところにあります。)

ピリン山は北部、中央部、南部の三つの部分から成ります。
北部は最も美しく、ピリン山の最高峰ヴィビレン峰(2915メートル)、クテラ峰(2908メートル)、バンスキス・ホドール峰(2884メートル)、バユヴィ・ドウプキ峰(2820メートル)などがそこに位置しています。 南へ行くに従い、ピリン山の標高も下がり、中央部のオルリャック峰以外には2000メートル以上の高峰はありません。
ピリン国立公園は、2つの自然保護区、「ユレン保護区」と「バユヴィ・ドゥプキ=ジンジリツァ保護区」と境界を接しています。

最高峰のヴィーヘン山(標高2914m)を擁するピリン山脈は、氷河期の地形を残すため、170の湖沼や多くの川、滝、洞窟など多様な自然環境を有している。

自然豊かな一帯は、針葉樹林が多く、中には植齢1300年を超えるモミの木も立つ。 ピリン国立公園の代表的な哺乳類は、オオカミ、キツネ(絶滅の危機にある)、ノヤギ、シカ、ヒグマ、など希少動物も多く生息している。 鳥類としてはワシや夕力が生息しています。

ピリン山の特徴はその奥にあるカールです。 最も有名なカザナ湖やコンチェトカルスト地形はこのピリン山に位置しています。 全部で164ものカールがあり、最も標高の高いのはポレジャンスキ湖、最も標高の低いのはポポヴィ湖です。 ポポヴオ湖は広さ1236平方メートル、深さ30メートルでピリン山で最も大きい湖です。
バンデリシュキ湖、ヴァシレシュキ湖、ポポヴィ湖、クレメンスキ湖などもピリン山にあります。

ピリン山のトラキア時代の名はオルベルス、スラブ時代の名はペリンです。

1983年にユネスコの世界遺産に登録されました。

  ピリン国立公園の写真 ピリン国立公園の写真アルバムを見る

国際商取引、海外進出コンサルティング。マーケティング、インターナショナル センス、
ビジネス展開のアイディア サポート・ 海外出張時 通訳・ガイド・アドバイザー

Representative Office in Japan for foreign companies who seek presence on Japan market
Business si import export Japonia pentru Romania
吉祥寺、三鷹、杉並で英語で子供、幼児の安い一時預かり・託児所、遊び場, 遊びスペース
Discover Japan: we're on the Japan Side to help
you with any kind of business concerning Japan.
Business, Import, Export, Consulting

newlinknewlink

alt: ブルガリアのツアー